I TOP I site policy I contact I 印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HP New face 3.jpg第2版:99%のための経済学入門.jpg  ようこそ、Netizen越風山房へ。ここは、わたしたち99%の平穏な暮らしをエンジョイするための情報発信サイトです。世界第3位の「経済大国」の豊かさはなぜ実感できないのでしょうか。株価と円・ドル相場・1000兆円の累積国債に振り回される経済から脱出しましょう。We are the 99% !! 1人1人が主権者です。この国のあり方は私たちが決めましょう。

第2版:99%のための経済学入門.jpg19.『<第2版>99%のための経済学入門 〜マネーがわかれば社会が見える〜』
(単著 大月書店 2016年 7月 全236頁)


現代の経済社会は、戦後史的というよりも、数世紀にまたがる激動と転換の時代に入ったようです。そのような事態に、多くの方々が関心を示し、理解するうえで、本書が幾ばくかお役に立てれば、著者としては幸甚です。

第2版では、データを更新し、異次元金融緩和政策とアベノミクス、武器輸出と経済の軍事化、ウォール街の動向や再興するアジア経済圏、メディアの話題をさらった若者たちの社会運動などの新しい問題も取りあげ、メスを入れる改訂作業を行いました。
 さらに末尾には、新しく「補章 経済学の古典から現代資本主義を読む」を追加し、最先端の金融経済現象を『資本論』などの古典から読み解く視点を提供しました。


LinkIcon詳しくはこちら

・戦後70年の日本資本主義.jpg18.戦後70年の日本資本主義
(共著 新日本出版 2016年 6月 全315頁)
 戦後70年の日本資本主義はどこまでやってきたのか、これからどこへいこうとしているのか?その特徴と問題点について、14名の執筆者からなる総合的な解明の書。「7 戦後の資本蓄積と財政金融支配〜経済・財政・金融政策を利用した資本蓄積様式の探究〜」(150-167ページ)を分担執筆。
 本書は、「データでみる戦後70年」の基礎資料を各部に配置し、巻末には「年表 戦後70年 日本の政治・社会と国民運動」も付録し、さまざま分野の問題解明につき、データと年表によってフォローしている。


3han-wakaru.jpg17.<第3版>これならわかる金融経済 〜グローバル時代の日本経済入門〜
(単著 大月書店 2013年 9月 全281頁)
 第3版となる本書は、金融危機・財政危機・経済危機を誘発させたリーマン・ショックと、世界の金融政策では例のない「アベノミクス」の異次元金融緩和政策について、その特徴や問題点を新たに解析し、また第2版以来の世界の金融経済動向の最新データを取り入れました。いくつかのChapterも再構成して、基礎知識から目前の金融経済問題の分析まで、わかりやすく、体系的に学べる入門書をめざしました。


LinkIcon詳しくはこちら

国債がわかる本.jpg16.『国債がわかる本 〜政府保証の金融ビジネスと債務危機〜』
(単著 大月書店 2013年 5月 全157頁)
 国債は、政府の借金証書(政府債務)であるだけでなく、政府が利子の支払いや元本の償還を保証した第一級の金融商品にほかなりません。政府債務としての国債は、1000兆円を超えて積み上がってしまい、国民一人あたり、830万円もの借金を背負う「1億総債務者」に転落し、消費税増税など重税に苦しんでいます。その一方で、金融商品としての国債は、これを購入し、政府の債権者になった国債の保有者(金融機関)に、一般会計予算から23兆円を超えて利子や元本が支払われています。現代日本社会は、政府の保証する国債ビジネスで恩恵を被る金融機関などの投資家層と、現在と将来世代も政府債務の返済に追いまくられる納税者に引き裂かれてしまいました。本書は、その背景とメカニズムを平易に解明しています。


LinkIcon詳しくはこちら

99%.jpg15.『99%のための経済学入門 〜マネーがわかれば社会が見える〜』
(単著 大月書店 2012年 9月 全206頁) 本書は、Amasonの最も読まれている経済書のランキングで、経済学入門部門で1位になりました。
 リーマン・ショックの背景としくみを解き明かし、21世紀に塗り変わりつつある世界経済地図を展望し、富める者がますます富む「1%のための経済」を乗り越え、99%の人たちのための経済世界を築き上げるデータとアイデアを提供した経済学の入門書です。私たち99%が、「平和で民主的な国家及び社会の形成者」であることを自覚し、国民主権の担い手として、自分の国の経済や社会の仕組みを知り、その運営に影響力をもつようになるなら、「健康で文化的な最低限度の生活」(憲法第25条)は、まちがいなく実現します。


LinkIcon詳しくはこちら

kironitatu.jpg14. 『岐路に立つ日本経済・日本企業』
(共著、中央大学企業研究所研究叢書32、中央大学出版部 2012年3月)
 (「第3章 金融のグローバル化と経済社会の変化」53-78頁、を担当執筆)中央大学企業研究所のプロジェクト「グローバリゼーションと国際経済」チームの研究成果である。


keizaigaku.jpg13.『経済学の知識から将来を読む』
(共編著、ヴェリタス書房 2008年4月)
 (「第5章 現代の金融・証券システムと金融政策」95-112頁、「第6章 現代の財政システムと国債の累積」123-147頁、を担当執筆」)、本書は、やさしい経済学の教科書として5名の大学の研究者が、相互に協力して分担執筆した。


sustain.jpg12.『サスティナブル社会とアメニティ』
(共著、高崎経済大学付属産業研究所編、日本経済評論社 2008年3月)
 (「第1章 持続型社会への金融アプローチ」16-39頁、を担当執筆」)、本書は、高崎経済大学付属産業研究所、加藤プロジェクト・「サスティナブルソサエティとアメニティ」の研究成果である。


zaiseisaiken.jpg11.日本租税理論学会編『消費税増税なしでの財政健全化』
(共著、租税理論研究叢書17、法律文化社 2007年11月)
 (「4 現代日本の国債管理と増大するリスク」38-52頁、を担当執筆」、「11 シンポジウム 消費税増税なしでの財政健全化、3公債金収入の改革(2)公債等の見直し、171-174頁、を担当執筆」)日本租税理論学会第18回大会は、2006年12月2-3日、静岡大学で開催され、シンポジウムのテーマは、「消費税増税なしでの財政健全化」であった。本書は、大会における各研究者のシンポジウムでの報告(論文として提出)と討論を収録している。


2han-korenara.jpg10. 『[第2版]これならわかる金融経済 〜グローバル時代の日本経済入門〜』
(単著 大月書店 2005年 12月 全260頁)
 マネー経済の全体像とそこから脱却する展望を学ぶ激動する現代の金融経済について、基礎知識から応用問題までをわかりやすく解き明かした入門テキスト。さまざまな金融商品の登場に対応して、政府・金融業界は、国民への「投資教育」「金融教育」に盛んに取り組んでいるが、本書は、マネーゲームではなく、国民が真に必要とする金融経済の知識・情報を提供する。最新のデータをとり入れ、より充実した内容となった改訂版。


economic system.jpg9. 『現代経済システム論』
(共著、日本経済評論社 2005年2月)
 (「第7章 金融のグローバル化と日本版ビッグバン」114-130頁、を担当執筆)鶴田満彦中央大学教授(現名誉教授)編纂のもとで、13名の研究者が、「現代資本主義の経済システムの歴史的発展方向を追求するとともに、その地域的・国民的な特質と変容形態とを明らかにしようとしたもの」(はしがき)である。「第Ⅰ部 現代経済システムの生成と展開」、「第Ⅱ部 日本型経済システムの特質と変容」、「第Ⅲ部 グローバル資本主義と比較経済システム」の3部から構成される。


globali.jpg8 .『グローバリゼーションと多国籍企業』
(共著、中央大学企業研究所研究叢書23、中央大学出版部、2003年10月)
 (「第3章 経済のグローバル化と投資銀行業の多国籍的展開」49-77頁、を担当執筆)中央大学企業研究所のプロジェクト「グローバリゼーションと多国籍企業」の研究成果である。現代資本主義に重要な特徴を与えている多国籍企業の活動を研究することで、グローバリゼーションの構造と日本経済の特質を解明している。


syohan-korenara.jpg7.『これならわかる金融経済 〜グローバル時代の日本経済入門〜』
(単著 大月書店 2000年 10月 全222頁)
 激動する現代金融経済について、その動態やシステムの特徴を取り上げ、前半では、金融論や経済学の基礎知識を解題し、後半では、欧米の先行事例と比較しながら、ビッグバンなどの現代日本の経済問題について、平易に解明している。


gendainihonkeizai.jpg6. 『現代日本の経済論』
(共編著 日本経済評論社 1997年8月)
 (「第2章 情報化・金融化時代の現代日本経済」18-34頁、「第8章 規制緩和とハイリスク社会の時代へ」120-136頁、「第10章 国際化時代の対外経済関係」152-166頁、を担当執筆)対外資産額、国民一人当たり所得、ODAなどの経済指標においては、世界一の「金融経済大国」日本ではあるが、他方、労働時間、通勤時間、休暇などでは、「生活貧国」の姿をもつことの経済的背景を分析している。あわせて、21世紀を展望した場合、現代日本においては、情報化や金融経済の急速な進展があり、この分野の特徴と問題点を解明している。


isoutotenkai.jpg5.『現代経済システムの位相と展開』
(共著 大月書店 1994年10月)
 (「第2篇第3章 変貌する日本の財政・金融システム」を担当執筆 157-170頁)激変する現代経済システムについて、日本・アメリカ・イギリス・ドイツ・ロシア各国の経済システムを取り上げ、それぞれの特徴と問 題点について、13名の研究者の分担執筆によって、解明している。

kinyuujiyuuka.jpg4.『金融自由化の経済学』
(単著 大月書店 1993年 1月 全245頁)
  現代日本の金融・証券市場において展開する一連の金融規制緩和措置は、目下の金融・証券市場で実際どのような問題点を生み出しているのかについて検討し、国内での資産格差やリスク転嫁の構造、又金融国際化にともなって成立した「債権大国」日本の「脆弱性」について、海外論調をも踏まえて解明している。

kinyuutaikoku.jpg3.『金融大国日本の構造』
(単著 みずち書房 1991年 7月 全199頁)
   1980年代後半において現出した「金融大国日本」の現状を分析し、金融・証券市場の膨張が国民生活の充実・国民経済のバランスのとれた成長へと連結していないことを解明している。

kokusaikannrino.jpg2.『国債管理の構造分析 −国庫の資金繰りと金融・証券市場−』
(単著 日本経済評論社 1990年11月 全231頁)
 日本特有の国債管理の構造(国債の発行・流通・償還・所有)を分析し、日銀信用の膨張と大蔵省資金運用部資金に依存した特殊な構造について、戦前(明治期)から現代までの財政史・金融史・国債史・学説・金融経済情勢をもとに解明している。商学博士学位論文。


rikuru-to.jpg1.『リクルートの政治経済学(科学全書32巻) 』
( 共編著 大月書店 1989年12月)
 (「第II部 カネ余りのなかのリクルート事件」を担当執筆  83頁)現代日本の金融・証券市場が抱え込んだ問題点(株の相互持ち合い・インサイダー取引・不正な価格形成・4大証券の支配etc)について、「リクルート事件」によって発覚した事実を検討し、解明している。

ページの先頭へ

red-home.jpg

183. 現代の金融資本と金融寡頭制
     『経済』NO.266 89-105頁, 2017年11月

182. 「異次元金融緩和」と金融・財政問題の深刻化
     『経済』NO.257 25-33頁, 2017年2月

181.「99%の生活者のための経済政策」(『今週の一言』 法学館憲法研究所 2016年 10月10日 )

180.(著書)『<第2版>99%のための経済学入門~マネーがわかれば社会が見える~』(単著 大月書店 2016年 7月 全236頁)

179.(著書)『戦後70年の日本資本主義』(共著、新日本出版社 2016年6月、全315頁
   (「7 戦後の資本蓄積と財政金融支配〜経済・財政・金融政策を利用した資本蓄積様式の探究〜」150-167頁、を担当執筆)

178. 現代の資本主義と金融寡頭制〜古典に学び「カジノ型金融独占資本主義」をつかむ〜
    『経済』NO.248 79-92頁, 2016年5月

177. マイナス金利政策とアベノミクスの暴走
   『税経新報』,NO.642, 5-12頁, 2016年4月

176. 戦後の資本蓄積と財政金融支配〜経済・財政・金融政策を利用した資本蓄積様式の探求〜
    『経済』NO.242 102-115頁, 2015年10月

175. 大企業・国債投資家のための消費税増税
   『検証 消費税25年ー消費税廃止へ共同の輪を広げよう』消費税をなくす全国の会, 70-72頁, 2015年6月

174. 経済社会の構造変化と経済教育
    群馬大学教育学部紀要 人文・社会科学編, 第64巻 33-47頁, 2015年2月

173. 暴走するアベノミクス〜脅かされる生存権と平和〜
   『税経新報』,NO.625, 4-11頁, 2014年9月

172. 消費者行政の転換と消費者の自立(共著)
   山田 博文, 前田裕貴(群馬大学大学院教育学研究科)
    群馬大学教育学部紀要 人文・社会科学編, 第63巻 43-54頁, 2014年2月

171(書評)金子貞吉『現代不況の実像とマネー経済』
    『経済』NO.220 106-107頁, 2014年1月

170.『<第3版>これならわかる金融経済 〜グローバル時代の日本経済入門〜』(単著 大月書店 2013年 9月 全281頁)

169. アベノミクスと経済社会の激動〜この国の未来をどう描くのか〜
   『税経新報』No.614、4-12頁、2013年9月

168. 「異次元金融緩和」政策のリスク 〜国債ビジネスの恩恵と「1億総債務者」化〜
    『経済』No.214,26-37頁、2013年7月

167.(著書)『国債がわかる本 〜政府保証の金融ビジネスと債務危機〜』(単著 大月書店 2013年 5月 全157頁)

166. カジノ型金融資本主義の破綻と塗り変わる世界経済地図 〜主権者を育てるための経済教育と経済分析によせて〜
    『全国商業教育研究協議会年報2012』通巻72号、11-21頁、2013年3月

165. グローバル化する政府債務の危機〜国債ビジネスの繁栄と国民生活の貧困〜
    『経済』No.211,118-134頁、2013年4月

164. 現代資本主義と政府相手の金融ビジネス
   『商学論纂』(中央大学), 第54巻第3・4合併号 207-226頁, 2012年12月  

163.(著書)『99%のための経済学入門~マネーがわかれば社会が見える~』(単著 大月書店 2012年 8月 全208頁)

162.(著書)中央大学企業研究所研究叢書32『岐路に立つ日本経済・日本企業』(共著、中央大学出版部 2012年3月)
   (「第3章 金融のグローバル化と経済社会の変化」53-78頁、を担当執筆)

161. 国債の累積と超金融緩和政策~日銀信用に支えられた国債バブル市場の構造~
    高崎経済大学論集、 第54巻第4号、35-47頁, 2012年3月

160. 日本の消費者教育の歴史と課題(共著)
   山田 博文, 前田裕貴(群馬大学大学院教育学研究科)
    群馬大学教育学部紀要 人文・社会科学編, 第61巻 65-77頁, 2012年2月

159. 日本経済ー温故知新
   『税経新報』,NO.597, 3-10頁, 2012年2月

158. 山家悠紀夫『暮らし視点の経済学』(書評)
    『経済』NO.197 114-115頁, 2012年2月

157. 増税と国民負担のない復興財源
   『税経新報』,NO.593, 4-12頁, 2011年10月

156. 世界金融危機と金融改革
    群馬大学教育学部紀要 人文・社会科学編, 第60巻 79-91頁, 2011年2月

155. 激動する世界経済と東アジア経済圏
   中央大学企業研究所『企業研究』 , 第18号・101-115頁, 2011年3月

154. 経済の軍事化と軍産複合体〜脅かされる暮らしと憲法〜
   『税経新報』,NO.581, 9-16頁, 2010年9月

153.「貧困・格差大国」日本の現状と課題〜OECD30ヵ国中ワースト4の貧困率〜
   『税経新報』,NO.576, 13-20頁, 2010年4月

152. 東アジア経済共同体と日中経済関係(共著)
   山田 博文, 王雪初(群馬大学大学院教育学研究科)
    群馬大学教育学部紀要 人文・社会科学編, 第59巻 41-57頁, 2010年2月

151. 経済のグローバル化と中高生の経済教育
   経済教育学会『経済教育』,NO.28, 150-159頁, 2009年9月

150. 成長と福祉を両立した循環型経済〜世界恐慌と日本の選択-その2-〜
   『税経新報』,NO.570, 5-12頁, 2009年9月

149.「100年に1度」の世界恐慌と日本経済〜世界恐慌と日本の選択-その1-〜
   『税経新報』,NO.569 , 3-9頁, 2009年8月

148. 激変する世界経済と21世紀の日中経済関係(共著)
   山田 博文, 王雪初(群馬大学大学院教育学研究科)
    群馬大学教育学部紀要 人文・社会科学編, 第58巻 25-38頁, 2009年2月

147. 財政赤字と累積国債の経済学
   『税経新報』,NO.562 , 32-39頁, 2009年1月

146. ウォール街の金融危機と世界大不況
   『税経新報』,NO.561 , 3-10頁, 2008年12月

145.(著書)『経済学の知識から将来を読む』(共編著、ヴェリタス書房 2008年4月)
 (「第5章 現代の金融・証券システムと金融政策」95-112頁、「第6章 現代の財政システムと国債の累積」123-147頁、を担当執筆」)。

144. 消費者環境の変化と学校における金融教育
    群馬大学教育学部紀要 人文・社会科学編, 第57巻 43-60頁, 2008年2月

143.(著書)高崎経済大学付属産業研究所編『サスティナブル社会とアメニティ』(共著、日本経済評論社 2008年3月)
  (「第1章 持続型社会への金融アプローチ」16-39頁、を担当執筆」)。

142. 経済社会の変化と金融経済教育の課題
   経済教育学会『経済教育』,NO.26, 63-68頁, 2007年12月

141. (著書)日本租税理論学会編『租税理論研究叢書17 消費税増税なしでの財政健全化』
  「4 現代日本の国債管理と増大するリスク」38-52頁、11 シンポジウム 消費税増税なしでの財政健全化、3公債金収入の改革(2)公債等の見直し、171-174頁」, 法律文化社,2007年11月

140. 経済環境の変化と金融経済教育の展開
   群馬大学教育学部紀要 人文・社会科学編, 第56巻 83-102頁, 2007年2月

139. 現代経済システムと国債の累積
   経済理論学会『季刊・経済理論』, 第43巻第3号 5-14頁, 2006年10月

138. 経済社会の変化と学校における消費者教育(共著)
  山田 博文, 一ノ瀬藤明(群馬大学大学院教育学研究科)
  群馬大学教育学部紀要 人文・社会科学編, 第55巻、87ー104頁, 2006年2月

137.変ぼうする現代経済を読み解くーグローバル化の功罪—
  『上毛新聞』 2006年1月16日

136. (著書)『これならわかる金融経済(第2版)ーグローバル時代の日本経済入門ー』(単著 大月書店, 全260頁, 2005年12月)

135. (辞書ー項目を分担執筆)『会計学中辞典』
  山田 博文, 会計学中辞典編集委員会編
  青木書店, 488頁, 2005年6月

134. 現代日本経済と膨張する日銀信用ー不況対策・決算対策・株価対策ー
  『商学論纂』(中央大学), 第46巻第4号 183-217頁, 2005年5月

133. (著書)『現代経済システム論』(共著、日本経済評論社 2005年2月)
 (「第7章 金融のグローバル化と日本版ビッグバン」114-130頁、を担当執筆)

132. 郵政民営化の政治経済学
 「金融労働調査時報」, NO.651, 2004年12月

131. 日銀信用に依存した国債市場と増大するリスク〜国債に抱えられた現代日本経済の構造と動態〜
  中央大学企業研究所『企業研究』 , 第5号(通巻第27号)・99-136頁, 2004年10月

130. 歴史的な転換期にある経済—いまどんな時代?—
 『群馬評論』, 99号,94-97頁, 2004年7月

ページの先頭へ

129. 一体マネーはどこに消えた —冷え込みつづく経済と空洞化する金融市場—
  『群馬評論』, 98号,88-91頁, 2004年4月

128. 経済のグローバル化と日本の経済社会の変動
  群馬大学教育学部紀要 人文・社会科学編, 第53巻・153-170頁, 2004年2月

127. 国債の消化機関化する日本銀行—いつかきた道
 『群馬評論』, 97号,82-86頁, 2004/01

126. (著書)中央大学企業研究所研究叢書23『グローバリゼーションと多国籍企業』
  山田 博文, 徳重昌志/日高克平,ほか
  中央大学出版部, 第3章 経済のグローバル化と投資銀行業の多国籍的展開 49-77頁, 2003/10

125. 現代日本の経済社会と「雇用なき景気回復」
 『群馬評論』, 96号,89-93頁, 2003/10

124. イラク戦争—軍拡政府と軍需産業の経済学
 『群馬評論』, 95号,86-89頁, 2003/07

123. 持続可能な経済と拡大生産者責任
 『群馬評論』, 94号,36-40頁, 2003/04

122. 3万8915円VS8578円—株式市場はどうなっている
 『群馬評論』, 94号,92-95頁, 2003/04

121. 経済のグローバル化と世界の金融再編成
  群馬大学教育学部客員 人文・社会科学編, 第52巻・229-248頁, 2003年2月

120. グローバリゼーションの罪と罰
  『群馬評論』, 93号,55-59頁, 2003/01

119. はじまったアメリカ経済のバブル崩壊
 『群馬評論』, 92号,98-101頁, 2002/10

118. 「総合デフレ対策」の有効性を問う
 『群馬評論』, 91号,97-100頁, 2002/07

117.福光寛『金融排除論』(書評)
 『経済』NO.80 pp.128-129, 2002/05

116. (辞書ー項目を分担執筆)『金融辞典』
 山田 博文, 金融辞典編集委員会編
 大月書店, 594頁, 2002/04

115. 債務大国日本の現状と未来
『群馬評論』, 90号,95-99頁, 2002/04

114. 日本経済と地域・中小企業活性化の課題
 東京中小企業問題研究所 季刊中小企業問題, NO.102・ 1-11頁, 2002/04

113. (報告書・分担執筆)『群馬県循環型社会づくりビジョン』
 群馬県 環境生活部環境政策課, 2002/03

112. アメリカ経済を直撃したテロ
 『群馬評論』, 89号,97-100頁, 2002/01

111. 痛みを伴う「改革」とは—不良債権処理の国際比較—
『群馬評論』, 88号,98-101頁, 2001/10

110. 不良債権問題A to Z
『学習の友』 , NO.577・46-55頁, 2001/09

109. 平成大不況と経済再生のプログラム
群馬評論, 87号,83-86頁, 2001/07

108. 経済のグローバル化と金融ビッグバン
群馬大学教育学部紀要 人文・社会科学編, 第50巻・90-114頁, 2001年2月

107. (著書)『これならわかる金融経済ーグローバル時代の日本経済入門ー』(単著 大月書店, 全220頁, 2000年10月)

106. 初夢・どうなる21世紀の経済社会
『群馬評論』, 85号,14-16頁, 2000/01

105. グローバル資本主義の果てになにが見えるか
『群馬評論』, 79号,44-48頁, 1999/07

104. 日本経済の破綻と再生ー競争から共生と連帯へ
『月刊保団連』 , NO.613・72-77頁, 1999/04

103. 大不況からの脱出と日本経済再生への展望
東京中小企業問題研究所,季刊中小企業問題, NO.90・1-8頁, 1999/04

102. ウォール街の経済戦略と日米関係
『月刊保団連』 , NO.610・40-45頁, 1999/03

101. 巨大マネーの徘徊と世界経済危機の連鎖
『月刊保団連』, NO.606・42-47頁 , 1999/02

100.「地方分権型公共事業の可能性を探る」(加藤一郎『公共事業と地方分権』日本経済評論社)(書評)
『図書新聞』2391号、1998年5月30日、3面


99. 金融ビックバンと年金市場ー金融・証券市場にとっての年金資金の魅力ー
『賃金と社会保障』, NO.1217-1218・24-32頁, 1998/01

98. ポスト自由化
『群馬評論』, 73号,16-18頁, 1997/10

97. 世紀単位の大転換に直面する現代日本の金融経済システム
『中小商工業研究』 , 第53号・106-117頁, 1997/10

96. 国家資金の調達とグローバルマーケット
時潮社,『季刊 経済と社会』, 第10号・59-74頁, 1997/10

95.(著書)『現代日本の経済論』(共編著 日本経済評論社 1997年8月)
 (「第2章 情報化・金融化時代の現代日本経済」18-34頁、「第8章 規制緩和とハイリスク社会の時代へ」120-136頁、「第10章 国際化時代の対外経済関係」152-166頁、を担当執筆)

94. 「経済構造改革」と中小企業
『中小企業問題』, NO.83 ,1-6頁 , 1997/07

93. 「証券市場の総合的改革」と日本版ビッグバン
『損保調査時報』, Vol.44 No.309, 1997/07

92. 経済構造改革と日本版ビッグバン
銀行労働研究会 『調査時報』, NO.572, 1997/05

91.「現代日本の金融問題」(山田弘史・野田正穂編『現代日本の金融』新日本出版社)(書評)
『図書新聞』2341号、1997年5月17日、6面

90. 年金の積立金はどのように運用されているのかー年金の危機とは何か・第二回
『賃金と社会保障』, NO.1181,88-97頁, 1996/07

ページの先頭へ

red-home.jpg

89. 住専問題をめぐる大銀行の罪と罰
『学習の友』, NO.512,70-77頁, 1996/04

88. わが国の金融システムの特徴と金融自由化の問題点
(財)協同組合経営研究所『研究月報』, NO.511,4-15頁, 1996/04

87. バブル崩壊と不良債権対策ー銀行救済策とリスク転嫁の構造ー
八戸大学紀要, 第15号,67-86頁, 1996/03

86. 平成不況の深部を探る
『月刊保団連』, NO.494, 1996/02

85. 深刻化する不況と経済対策の罪と罰
『月刊自治労連』, vol.33, 1995/12

84. 政府短期証券(FB)の日銀引受と国債発行システム
 『経済学論纂』(中央大学), 第36巻4号,73-97頁, 1995/10

83. いま銀行はどうなっているの?ーバブル崩壊後の金融情勢と国民生活ー
『学習の友』, NO.503, 1995/07

82. 財政金融政策の発動と「金融システムの救済」
『中小企業問題』, NO.74, 1995/04

81. マネーウォーズとハイリスク時代の到来
『産業文化研究』, 第4号,11-15頁, 1995/03

80. 膨張する公信用と財政・金融システム
中央大学経済研究所年報, 第25号(I)号,135-167頁, 1995/03

79. 各国政府の国有資産売却と証券流動化ー国庫の資金繰りと国際資本市場との連動関係の考察ー
八戸大学紀要, 第14号,51-71頁, 1995/03

78. 異常円高と産業の空洞化
『月刊保団連』, NO.470, 1995/03

77. PKO(株価維持策)と公的資金の動員
『月刊保団連』, NO.470, 1995/02

76. 国債残高200兆円の経済学
『月刊保団連』, NO.466, 1995/01

75. (著書)『現代経済システムの位相と展開』
「第2篇第3章 変貌する日本の財政・金融システム」を担当執筆 157-170頁)
山田 博文, 鶴田満彦(中央大学),ほか
大月書店, 1994/10

74. 金融規制緩和をどうみるか−進展する金融再編成と弱者へのリスク転嫁−
『中小商工業研究』 , 第41号, 1994/10

73. 異常円高はなぜ起きた
『学習の友』, NO.493号, 1994/09

72. 経済情勢の特徴と大蔵省「指針」の背景
銀行労働研究会 『調査時報』, NO.541号, 1994/08

71. 94年度予算と生活者多難時代の到来
『学習の友』, NO.488号, 1994/04

70. 銀行の証券業進出の国際比較−アメリカ・ドイツ・日本−
『八戸大学紀要』 , 第13号,113-136頁, 1994/03

69. 不良債権処理と公的資金の導入
銀行労働研究会 『調査時報』 , NO.535号, 1994/02

68. 94年−どうなる日本の経済・世界の経済
東京中小企業問題研究所 『中小企業問題』 , NO.69号, 1994/01

67. 日本型ニューディール政策の実施
『賃金と社会保障』 , NO.1121 号, 1994/01

66. 「バブル経済」と金融・証券問題
青木書店 『日本資本主義の現代的特質』( 経済理論学会年報第30集) , 第30集,280-282頁, 1993/10

65. 金融グローバリゼーションとデレギュレーション−1980年代における多国籍的展開の問題点−
『八戸大学紀要』 , 第12号,133-157頁, 1993/03

64. 「金融新時代」の到来をどう見るか
銀行労働研究会 『調査時報』, NO.523号, 1993/02

63. (著書)『金融自由化の経済学』
大月書店, 全245頁, 1993/01

62. バブル崩壊と市場経済
『日本の科学者』 , VOL.27 NO.12, 1992/11

61.バブル経済の成立過程とその崩壊ーC ・ウッド『バブル・エコノミー』ー( 書評)
 新日本出版社 『経済』 1992.12.NO.344,1992/11


60. 年金積立金はどう使われているかー年金の自主運用と株式投資ー
『賃金と社会保障』 , NO.1079 号,4-19頁, 1992/04

59. 海外論調と日本の金融・証券問題
『八戸大学紀要』 , 第11号,98-113頁, 1992/03

58. 日本証券市場の構造的問題点
『行財政研究』 , 第11号, 1992/01

57. “NOMURA”を生み出す金融大国日本の構造
『翻訳の世界』 , 第16巻10号, 1991/10

56. 「株式会社ニッポン」の利益共同体
『中小企業問題』 , NO.60 号, 1991/09

55. 「規制緩和」で豊かさは実現できるか
『賃金と社会保障』 , NO.1064 号, 1991/08

54. 金融制度改革と金融大国への道程
銀行労働研究会 『調査時報』 , NO.505号, 1991/08

53. (著書)『金融大国日本の構造』
みずち書房, 全199頁, 1991/07

52. 銀行の証券参入と国債流通市場の構造変化
『八戸大学紀要』 , 第10号,109-131頁, 1991/03

51. (著書)『国債管理の構造分析』
日本経済評論社, 全231頁, 1990/11

50. 明治期における政府外債の発行と日銀信用の膨張
『八戸大学紀要』 , 第 9号,195-218頁, 1990/03

ページの先頭へ

49. (著書)『リクルートの政治経済学』
(「第Ⅱ部 カネ余りのなかのリクルート事件」を担当執筆135-218頁)
山田 博文, 井上照幸(高崎経済大学)
大月書店, 全230頁, 1989/12

48. 国債大量償還と金融・証券市場
東北経済学会 『第43回大会研究報告集』, 1989/09

47. 円高・産業空洞化のなかの地域経済
山田 博文, 加藤一郎(高崎経済大学)
『賃金と社会保障』 , NO. 979号,19-25頁, 1988/02

46. マリン・リゾート構想の経済学
山田 博文, 加藤一郎(高崎経済大学)
『季刊スポーツ批評』 , 第 3号, 1987/09

45. 国債膨張の論理と構造
『証券研究』 , 第80巻,205-221頁, 1987/04

44. 多様化する国債発行方式
(財)日本証券経済研究所、『証研レポ−ト』, NO. 1389, 1987/03

43. 国債累積下の税制改革
(財)日本証券経済研究所、『証研レポ−ト』, NO. 1385, 1987/02

42. 郵貯自主運用と国債窓販
(財)日本証券経済研究所、『証研レポ−ト』, NO. 1381, 1986/12

41. 進展する国債の多様化
(財)日本証券経済研究所、『証研レポ−ト』, NO. 1377, 1986/11

40. 急増する企業の金融資産
(財)日本証券経済研究所、『証研レポ−ト』, NO. 1373, 1986/10

39. 戦後の国債膨張
(財)日本証券経済研究所、『証研レポ−ト』, NO. 1369, 1986/09

38. 国債発行・流通・償還の今日的特徴
(財)日本証券経済研究所、『証研レポ−ト』, NO. 1361, 1986/07

37. 国債借換政策における二極化傾向
『証券経済』 , 第 156号,92-138頁, 1986/06

36. 国債膨張の論理と構造
(財)日本証券経済研究所、『証研レポ−ト』, NO. 1357, 1986/06

35. 日銀・政府資金の国債売買操作
『証券経済学会年報』 , 第21号,1-11頁, 1986/05

34. 地方債の償還と借換
(財)日本証券経済研究所、『証研レポ−ト』, NO. 1353, 1986/05

33. 国債償還・借換の二極化傾向
(財)日本証券経済研究所、『証研レポ−ト』, NO. 1345, 1986/04

32. 短期国債の発行と債券・金融市場
(財)日本証券経済研究所、『証研レポ−ト』, NO. 1341, 1986/03

31. 新しい国債償還・借換えシステムの確立
『商品先物市場』 , 第10巻第2 号,42-46頁, 1986/02

30. 国債償還・借換の昨日・今日
(財)日本証券経済研究所、『証研レポ−ト』, NO. 1337, 1986/02

29. 国債借換操作と金融市場
(財)日本証券経済研究所、『証研レポ−ト』, NO. 1333, 1985/12

28. 短期借換債発行と国債借換操作
(財)日本証券経済研究所、『証研レポ−ト』, NO. 1333, 1985/11

27. 国債大量償還時代の到来
『商品先物市場』 , 第 9巻第10号,10-13頁, 1985/10

26. 国債償還・借換の新局面
(財)日本証券経済研究所、『証研レポ−ト』, NO. 1325, 1985/10

25. 国債消化構造の比較分析
『証券経済』 , 第 153号,92-138頁, 1985/09

24. 国債償還と減債基金制度
(財)日本証券経済研究所、『証研レポ−ト』, NO. 1321, 1985/09

23. 日銀オペと資金運用部資金
(財)日本証券経済研究所、『証研レポ−ト』, NO. 1311, 1985/07

22. 国債消化政策の変遷
(財)日本証券経済研究所、『証研レポ−ト』, NO. 1307, 1985/06

21. 国債売買操作の諸機能
(財)日本証券経済研究所、『証研レポ−ト』, NO. 1300, 1985/04

20. 国債発行条件の改定交渉と国債買入操作
(財)日本証券経済研究所、『証研レポ−ト』, NO. 1296, 1985/03

19. わが国の国債売買操作の特徴
(財)日本証券経済研究所、『証研レポ−ト』, NO. 1292, 1985/02

18. 変容する国債の引受・消化構造
(財)日本証券経済研究所、『証研レポ−ト』, NO. 1288, 1985/01

17. 政府資金と国債売買操作の構造
『証券経済』 , 第 153号,34-73頁, 1984/12

16. 国債流通市場の生成・発展と国債売買操作
(財)日本証券経済研究所、『証研レポ−ト』, NO. 1284, 1984/12

15. 国債整理基金の国債売買の特徴
(財)日本証券経済研究所、『証研レポ−ト』, NO. 1279, 1984/11

14. 国債整理基金特別会計の性格と機能
(財)日本証券経済研究所、『証研レポ−ト』, NO. 1276, 1984/10

13. 資金運用部資金の国債売買をめぐって
(財)日本証券経済研究所、『証研レポ−ト』, NO. 1272, 1984/09

12. オペレ−ションの構造と国庫の資金繰り
(財)日本証券経済研究所、『証研レポ−ト』, NO. 1268, 1984/08

11. 国債市況と公的資金のオペレ−ション
(財)日本証券経済研究所、『証研レポ−ト』, NO. 1264, 1984/07

10. 資金運用部と国債管理(2)
(財)日本証券経済研究所、『証研レポ−ト』, NO. 1260, 1984/06

9. 資金運用部と国債管理(1)
(財)日本証券経済研究所『証研レポ−ト』, NO.1256, 1984/05

8. 国債発行と公共投資による巨大企業・銀行の資本蓄積(1965-75 )
『中央大大学院研究年報』 , 第11号II,85-96頁, 1982/03

7. 公信用=公共投資論分析序説
『商学論纂』(中央大学), 第23巻第3 号,195-211頁, 1981/09

6. 政府金融と中小企業問題
『論究』(中央大学) , 第12巻第 1号,143-155頁, 1980/03

5. 財政投融資と資本輸出
『中央大大学院研究年報』 , 第9 号,181-201頁, 1980/03

4. 現代財政問題分析の方法についての覚書
『論究』(中央大学) , 第11巻第 1号, 1979/03

3. 財政投融資と巨大企業の高度蓄積
『商学論纂』(中央大学) , 第20巻第 1号,119-148頁, 1978/05

2. 財政投融資と資本集中
『商学論纂』(中央大学), 第19巻第1 号,125-158頁, 1977/05

1. 集積・集中と独占形成にかんする準備的考察
 『論究』 , 第7 巻第 1号,131-143頁, 1975/03

ページの先頭へ

red-home.jpg


ページの先頭へ

参考資料1

At vero eos et accusam et justo duo dolores et ea rebum. Stet clita kasd gubergren, no sea takimata sanctus est Lorem ipsum dolor sit amet. Lorem ipsum dolor sit amet, consetetur sadipscing elitr, sed diam nonumy eirmod tempor invidunt ut labore et dolore magna aliquyam erat, sed diam voluptua. 

LinkIcon詳しくはこちら

参考資料2

At vero eos et accusam et justo duo dolores et ea rebum. Stet clita kasd gubergren, no sea takimata sanctus est Lorem ipsum dolor sit amet. Lorem ipsum dolor sit amet, consetetur sadipscing elitr, sed diam nonumy eirmod tempor invidunt ut labore et dolore magna aliquyam erat, sed diam voluptua. 

LinkIcon詳しくはこちら

参考資料3

At vero eos et accusam et justo duo dolores et ea rebum. Stet clita kasd gubergren, no sea takimata sanctus est Lorem ipsum dolor sit amet. Lorem ipsum dolor sit amet, consetetur sadipscing elitr, sed diam nonumy eirmod tempor invidunt ut labore et dolore magna aliquyam erat, sed diam voluptua. 

LinkIcon詳しくはこちら